経歴

  • 1981年10月

    静岡県磐田市にて生まれる

    幼少期は脳の発達遅れとひ弱な体で親戚一同から将来を心配されたが、小学校3年の時に自分から選んだ習い事の、そろばんとの出会いで変わる。生来の負けず嫌いの性格からのめり込むように熱中した。1級昇格試験に5回も落ちるも粘り強く挑戦した結果、最終的に2段までとる。物心がついてから最初の成功体験を得る。また、小・中・高と魅力的な先生に恵まれ、学力だけではなく人間的な魅力を高める生き方に影響を受ける。

  • 2000年4月

    京都大学を目指し現役で合格

    高校1年生のとき、父親の経営する会社に入社した地元の先輩を交通事故で亡くし、人生いつ幕引きがあるかわからない中でどのような生き方をしたいかについて深く考えるようになる。そして、いつ人生が終わっても納得のいく生き方を常にすることを決意。行けそうなところではなく、行きたい大学に行き、住みたい場所に住むために、京都大学を目指し現役で合格。

  • 2006年4月

    愛知県にある大手自動車部品メーカーの「デンソー」に入社

    大学時代はアルバイトとサークル活動と勉学で、毎日睡眠3時間の目まぐるしい生活をする。ほとんど講義に出ず独学で勉強し、大学院まで主席で入学、卒業。2006年に、愛知県にある大手自動車部品メーカーの「デンソー」に入社する。

  • 2008年10月

    TOEICのスコアを370から690まで1ヶ月で上げ、その経験を元に社内で500人の前で講演会を開催

    一方で、地元で出会った先生方や、大好きだった漫画やアニメに触れる中で、いい大学に行き、いい会社に就職すれば、幸せになれるというのは幻想ではないかとも薄々感じる。就職してその疑念は確信に変わり、将来の方向性に悩む日々が続く。何かを変えたくて、情熱の矛先を恋愛や苦手だった英語の克服に傾けたり、転職や資格に向けたりしたが、どれも将来を良くする確信が得られず葛藤する。葛藤しながらも、やると決めたことはやりきる性格から、英語の克服のためにTOEICのスコアを370から690まで1ヶ月で上げ、その経験を元に社内で500人の前で講演会を開催する。自分の経験をシェアすることが多くの人の役に立つことを実感する。

  • 2010年1月

    メンターとなる3歳年上の青年実業家と出会う

    葛藤を抱えたまま仕事でも英語でも達成を積み重ねながら、入社して4年が過ぎようとしていた2010年の冬、のちにメンターとなる3歳年上の青年実業家と出会う。たった3歳しか違わないのに全く生き方が異なる人間に衝撃を受けながらも、可能性を追求する生き方をメンターから教えられる。自分も学歴や社歴といった安全圏の中にいるのではなく、大きくチャレンジしていくことを決意し、デンソーを退社し東京に上京することを決断。

  • 2012年12月

    会社員を辞め、独立する

    2010年夏、単身で上京し三菱系の特許事務所に転職。働きながら、海外のフィットネス商品の輸入で商売を始める。2012年12月に会社員を辞め、規模は小さいながら独立する。また東京に来てから知り合いづてに人脈を広げ、2012年から若手会社員の集まる異業種交流会を開催。初めは規模が20人程度だったが、述べ80回以上の開催を重ね、今では毎回150人以上集まる交流会となっている。またデンソー時代の講演会の講師体験から、キャリアアップに関する講演会を毎月開催。これらの経験で20代の若手会社員と触れる中で、大学生から社会人に変わる際のギャップの大きさや、今の若手が抱えてる悩みや課題、眠らせている可能性に気づく。

  • 2018年2月

    株式会社SSCを設立

    若手の交流の場としてレンタルスペース「OÜchi」の運営を始める。交流のツールとしてボードゲームイベントを開催したり、自作ボードゲームの製作もしている。2018年9月、交流会や講演会の参加者の後押しもあり、就職前の学生や入社数年目の若手会社員の人間力アップをテーマとした「Base-Upセミナー」を始める。得意のゲームを活用して、遊びの中から学ぶ構成にしており、参加者の満足度も高くリピーターが多い。自分がメンターとの出会いにより殻を破った経験があるので、これからの日本を支える自分も含めた若い人たちの目覚ましい成長に貢献するために、日々尽力している。